不貞行為を繰り返す妻から子どもの親権を獲得し離婚成立した事例 | 慰謝料請求ホットライン

不貞行為を繰り返す妻から子どもの親権を獲得し離婚成立した事例

妻が不倫を繰り返し、母親としての義務が放置されている。
離婚をするにしても、子どもがちゃんと育てられるか不安ですよね。
こういう妻には、親権を渡したくないのが本音でしょう。
ここでは「不倫を繰り返す妻から子どもの親権を獲得し、離婚成立した事例」を紹介しています。
ここのページを読む人の中には、同じ状況の方もいるでしょう。
是非、解決事例やコラムを参考に行動してください。
[妻の不倫や浮気でお悩みなら]

不倫を繰り返す妻から子どもの親権を獲得し、離婚成立した事例

ケース①……子どもを両親に預けて……

相談者:30代男性
配偶者:妻、子供1人

相談内容

相談者は会社員のAさん。
妻の浮気癖に悩んでいたAさんは、とうとう妻と離婚することを決意しました。
しかし、妻側は、子どもの親権は渡したくないと主張してきたのです。

解決方法

確かに仕事が忙しく、育児は任せっきりではあったが、休日は子どもと必ず遊んだし、できる範囲のことはやってきたと自負していたAさん。
妻側の生活を調査すると、わざわざ両親に子どもを預けて浮気相手と会っていたようなのです。
これに激怒したAさんは自分の欲のためにしか動かない妻に親権はやれないと戦うことになりました。
時間はかかりましたが、無事にAさんは親権を獲得。
転職をして、子どもとの時間を大切にすることを選んだことが良かったようです。

ケース②……自宅に子どもを置き去りにする妻

相談者:20代男性
配偶者:妻、子供2人

相談内容

相談者は会社員のBさん。
再三注意したにもかかわらず、妻は浮気を繰り返していました。
これではやっていけないとBさんは離婚を決意。
子どもがかわいそうだと親権を争うことにしました。

解決方法

妻側は、育児は自分がしてきたことを主張。
しかし裏では、子どものために貯めていたお金を使いこんだり、自宅に放置して浮気相手に会っていたりと最低な行為を繰り返していました。
これらを主張し、Bさんは見事親権を獲得することができました。

夫側は親権を取りにくい?

女性側の方が親権を勝ち取る面では有利だと言われています。
もちろん男性側が親権を得られることもありますが、ごく稀です。
妻が浮気をしたからといって、親権が取りやすくなるということはありません。
浮気をした=子どもに愛情はないというのは、リンクしないからです。
家庭裁判所で裁判になったとしても、子どもが小さければ小さいほど、母親に親権がいく可能性は高まるのです。
しかし、浮気をしたことによって子どもに悪影響が及んだ場合は、父親側に親権が渡りやすくなります。
上記のケースのように、浮気をするために小さい子どもを自宅に置き去りにした、子どものために貯金していたお金を浮気相手と共に使った……など、明らかに愛情がないと判断される場合などはそれにあたります。
このような条件が重ならない限り、親権の獲得は難しいです。

父親が親権を獲得するためにやるべき行動

それでも、不貞行為を繰り返し、家庭を顧みない妻に、親権を渡したくない。
そういう考えを持っている方も多いでしょう。
あなたの行動一つで、親権取得が有利になることがあります。

①子どもへの愛情

子どもが15歳以上ならば、どちらと一緒に暮らしたいか、子どもの選択が判断材料になります。
なぜ離婚をすることになったのか、しっかり話すことも大切です。
ただし、母親が浮気をしているなんて、子どもにとって深い傷になります。
アフターフォローを忘れずに接しましょう。
小さい子どもの場合でも同じく、愛情を持って接しましょう。
ずっと一緒にいたいからと、黙って子どもを連れ出すのはマイナスです。
気をつけましょう。

②子どもの環境を大切にする

もちろん離婚をするわけですから、家をでていくことになります。
あなたが親権を獲得しても、家を出なければいけない状況もあるでしょう。
しかし、子どもが望まない限りは、できるだけ転校をしないようにしてあげましょう。
親権者の条件には、「子どもの環境をできるだけ替えないようにするという項目」があります。
もし、自分が親権者になったとしても、環境は変わらないんだということをアピールする必要があります。

③養育実績について

母親が親権を取りやすい理由として、育児の取り組みがあります。
仕事が忙しくて育児を任せっぱなしにしていたのなら、親権は取りにくいでしょう。
家族の協力などを仰いだり、転職をすることで、アピールしましょう。

親権を獲得したいなら!

父親側が親権を獲得するのは簡単ではありません。
しっかりとした準備が必要です。
弁護士や行政書士など、経験豊富なプロと協力をして戦いましょう。
それが親権獲得の近道です!

その他の 慰謝料請求 に関連する事例
お一人で悩まないで、あなたの身近な法律家へご相談ください
不倫離婚男女問題専門 
行政書事務所の無料相談窓口
  • 全国 24時間 365日 常時相談可能
  • ご相談は何度でも無料
メール相談はこちら
24時間365日相談受付!
無料法務相談
TOP