内縁関係のパートナーから慰謝料請求された場合の対処法 | 慰謝料請求ホットライン

内縁関係のパートナーから慰謝料請求された場合の対処法

内縁関係のパートナーから、不倫慰謝料を請求された際の支払義務について解説しています。内縁関係は法的に婚姻した夫婦とは言えませんが、請求された不倫慰謝料を支払う義務を負っているのでしょうか。内縁関係の定義や不倫慰謝料の支払義務、今後とるべき対応などについて解説いたします。 

内縁関係とは

内縁関係とは、双方に婚姻の意思があるものの、婚姻していない状態の関係です。男女どちらかに婚姻の意思がない場合、内縁関係は成立しません。婚姻の意思はなくても同棲は成立するため、婚姻の意思があるという点で同棲と異なります。内縁関係とは、法的に婚姻している夫婦と変わらない生活を送る、婚姻届未提出の関係のことを指します。 

内縁期間中の不倫による法的責任

内縁関係における不倫では、婚姻届を提出した夫婦とほぼ同じ法的責任を有します。パートナー以外の異性と肉体関係をもたない「貞操義務」を負っており、婚姻関係を築いている夫婦とほぼ同様の権利と義務が生じる関係です。法律上の内縁は婚姻に準じた関係と認められているため、扶養の義務や共同生活に必要な費用を分担する義務、内縁関係を清算する場合に財産分与を請求する権利なども有します。権利と義務が婚姻している夫婦とほぼ同じであることから、不倫に関しても同等の責任が生じます。 

内縁の相手に慰謝料請求されたら払う義務はあるの?

不倫慰謝料は内縁関係であっても支払わなければなりません。内縁関係にある男女も貞操義務を有し、肉体関係を伴う不倫(不貞行為)は不法行為であると判断されるためです。不倫で肉体関係を持った場合、慰謝料を請求する権利、慰謝料支払義務について、婚姻届を提出している夫婦と変わりません。パートナーと内縁状態を築いているのであれば、法的な婚姻関係ではなくとも、慰謝料を支払う義務が生じます。 

内縁の相手に慰謝料請求されたらどうすればいいの?

内縁関係にあるパートナーから慰謝料を請求された場合の対処法を解説します。 

内縁関係の確認

最初に内縁関係の確認を行ないましょう。内縁関係になければ、基本的に慰謝料請求権は生じません。慰謝料を請求するパートナーは、生活実態などから内縁関係を立証することになります。まずは、2人の関係が内縁関係にあることを確認し、請求権が発生するか否かについての確認が必要です。 

不倫の事実を確認

次に、肉体関係を伴った関係であったことを確認します。肉体関係をもっていない場合は、そのことを説明しましょう。2人きりで外出を繰り返していたとしても、肉体関係がなければ慰謝料を請求することはできません。 

慰謝料の金額を確認

最後に慰謝料請求金額を確認しましょう。内縁関係・肉体関係とも認められる場合は、慰謝料を支払わなければなりません。慰謝料の相場は50~300万円程度とされており、請求額が相場とかけ離れている場合は、交渉により減額できる可能性があります。請求金額の妥当性を判断し、適切な金額を支払うようにしたいものです。 

内縁関係で慰謝料を請求された方は法律の専門家に相談

内縁関係において不倫の慰謝料を請求された場合は、まず法律の専門家に相談してください。内縁関係にある男女も、婚姻届を提出している夫婦とほぼ同じ権利・義務を有するため、パートナー以外の異性と肉体関係をもった場合は慰謝料支払義務が生じます。慰謝料の請求を受けた方は、内縁関係が成立していること、慰謝料支払義務があること、請求金額の妥当性を確認する必要がありますが、判断のためには専門的な知識が必要となるため、法律の専門家への相談をおすすめします。状況に合わせた最適な解決法を仰いだ上で対応を進めてください。 

その他の 慰謝料請求 に関連するコラム
お一人で悩まないで、あなたの身近な法律家へご相談ください
不倫離婚男女問題専門 
行政書事務所の無料相談窓口
  • 全国 24時間 365日 常時相談可能
  • ご相談は何度でも無料
メール相談はこちら
24時間365日相談受付!
無料法務相談
TOP