浮気・不倫の慰謝料の相場は?具体的な金額や高額になるケース | 慰謝料請求ホットライン

浮気・不倫の慰謝料の相場は?具体的な金額や高額になるケース

もしも、浮気・不倫が相手のパートナーにバレてしまったら「浮気・不倫の慰謝料ってどれくらいになるの?」このような疑問や不安を抱いている方は少なくないのではないでしょうか?
慰謝料を請求されることを考えると、どれくらいの金銭的負担があるのか気になるものです。もしも慰謝料の金額が経済的に支払えないほど高額だったら…と考えると不安になってしまうでしょう。
そこで、今回は浮気・不倫で慰謝料を請求された場合の相場について詳しくご紹介します。

浮気・不倫の慰謝料の相場とは何か?

慰謝料の相場とは、これまで浮気・不倫問題が裁判となり、それぞれの事情を踏まえて裁判所が判断した慰謝料の金額を参考とした金額帯であります。
法律で厳密な金額が定められているものではなく、様々な事情によって慰謝料が増えたり減ったりします。
慰謝料問題を、当事者間だけの話し合いによって解決する場合には、過去の裁判例(相場)を参考にしながら慰謝料額について話し合い、解決を図ります。

そこで慰謝料の金額に大きく影響を与える事情の1つとして、「請求相手が離婚する場合」と「請求相手が離婚しない場合」があります。

それでは、それぞれの慰謝料の相場について見ていきましょう。

浮気・不倫が原因で請求相手が離婚する場合

浮気・不倫が原因で請求相手が「離婚する場合」、慰謝料の相場はおよそ100~300万円程度とされています。相手夫婦の結婚生活を破綻させてしまうことから、高額な慰謝料金額が認められる傾向にあります。
相手夫婦の婚姻期間や子供がいるのか、不倫・浮気の期間、悪質性の高さで金額は幾分変動しますが、最低でも100万円を超える慰謝料の請求が認められる可能性が高いでしょう。

浮気・不倫が発覚したあとも請求相手が離婚をしない場合

浮気・不倫が発覚しても、請求相手が「離婚をしない場合」、慰謝料金額は「離婚する場合」に比べて大幅に下がり、数十万円~100万円程度が相場とされています。

相手が離婚しなくても浮気・不倫が原因で別居になる場合には、「夫婦関係が破綻」したとみなされ慰謝料が高額になる場合もありますが、裁判で認められる慰謝料の金額は100万円に至らない傾向にあります。
ただし、このような場合には、どのような状況で別居になったのか、離婚前提の別居なのか夫婦関係を修復するために一時的に別居しているのかが重要になってきます。

浮気・不倫の慰謝料が高額になるケース

浮気・不倫の慰謝料が高額になるケースとしては、どのようなケースが挙げられるのでしょうか。

ここからは、一般的な相場以上の慰謝料が請求されるケースをご紹介します。

浮気・不倫相手との間に子供を授かった場合

浮気・不倫関係にある相手との間に子供が出来てしまい、子供が生まれた場合や妊娠はしたけど中絶した等の事情は、請求する相手の精神的損害が大きいと判断され、一般的な慰謝料金額よりも高額となる傾向にあります。過去の裁判例では慰謝料として500万円の支払いが認められたケースもあります。

浮気・不倫の期間が長い場合

浮気・不倫の交際期間が長い場合は、一般的な慰謝料の相場よりも高額の慰謝料の請求されることがあります。具体的には、交際期間が5年を超えると「浮気・不倫の交際期間が長期にいたっている」と判断されやすくなるでしょう。
そのため、交際期間が5年を超えている場合は、一般的な相場の上限に近い金額や、相場以上の金額の請求が認められる可能性があります。

浮気・不倫相手や不倫相手のパートナー(請求相手)に対して嫌がらせ行為を行なった場合

不倫相手と不倫相手のパートナーの夫婦関係を破綻させ離婚するように仕向けて嫌がらせをしてしまう。
また、浮気・不倫の事実が発覚したにも関わらず、不倫相手のパートナーに嫌がらせする等の行為は慰謝料が高額となる傾向にあります。
不倫相手のパートナーだけでなく、不倫相手から別れ(関係解消)を告げられたとき、それを阻止しようとして、不倫相手に対して「別れるなら不倫関係を家族にバラす」などと脅迫したり、SNSなどインターネットを介して不倫の事実を公表すると「名誉毀損」となり、請求する側の精神的損害を増大させたと判断されるため、慰謝料が高額となる傾向にありますので注意しましょう。

請求相手が精神的・肉体的な病気になった場合

浮気・不倫を原因として、請求相手が精神的もしくは肉体的な病気になってしまった場合は、慰謝料が高額になる可能性があります。

例えば、浮気・不倫が発覚してしまい、強いストレスによって「うつ病」等の精神疾患と診断されている場合には、精神的損害が大きいと判断され、慰謝料が高額となる傾向にあります。

さらに、病気の症状が深刻であればあるほど、慰謝料が高額になりやすい傾向にあります。万が一、請求相手が何かしらの病気になってしまった場合は、慰謝料が高額になる可能性もあると考えておきましょう。

浮気・不倫で相場以上の慰謝料を請求された場合

浮気・不倫が原因で慰謝料を請求された際、一般的な相場以上の金額が提示されたら、どうしたら良いのでしょうか。

法外な慰謝料を請求されてしまった場合には、まずご自身の浮気・不倫の状況を理解しましょう。そして慰謝料を少しでも減額できる状況なのか、ご自身の立場を把握して、相手方から請求されている慰謝料金額が妥当なものかどうかを判断しましょう。

そして、請求相手との慰謝料問題をどのように解決していくのか
①話し合いで解決する(示談で解決する)
②法的請求にて解決(裁判所にて解決する)
を検討しましょう。

※重要なポイント
慰謝料請求で最も大切なことは「ご自身が置かれている状況をしっかりと把握する」ことです。

その上で、どのように解決していくのが最善なのかを判断して、相応以上の慰謝料金額であれば適正な金額に減額を行っていきましょう。
しかし、予備知識がないと、どのように解決していくのかの判断が難しくなります。
その際は、ぜひ、当事務所の電話・LINEによる無料相談窓口をご利用ください。

当事務所の無料相談窓口では、ご相談者様から具体的な状況をお伺いしながら、「減額できる可能性について」、「話し合いで解決する場合の流れ」、「裁判になった場合の慰謝料とそれ以外に必要となる費用」、「専門家に依頼したらどのようなメリットがあるのか」などについて専門のスタッフが親切丁寧に分かりやすくご案内いたします。

その他の 慰謝料請求 に関連するコラム
お一人で悩まないで、あなたの身近な法律家へご相談ください
不倫離婚男女問題専門 
行政書事務所の無料相談窓口
  • 全国 24時間 365日 常時相談可能
  • ご相談は何度でも無料
メール相談はこちら
24時間365日相談受付!
無料法務相談
TOP