1回だけの不貞行為|慰謝料の相場はどれくらい? | 慰謝料請求ホットライン

1回だけの不貞行為|慰謝料の相場はどれくらい?

1回のみの不貞行為で慰謝料を請求された事例に基づき、解決方法を解説します。1回のみの不貞行為でも不倫の慰謝料請求権は発生しますが、行為に及んだ回数の少なさにより、請求金額が減額され得る可能性があることも事実です。法的根拠に基づく正当な支払いを行うために、実際の事例を参考に適切な対処を行っていきましょう。

ご相談の経緯

ご相談の経緯は次のとおりです。

ご相談者様は、勤務先のパート従業員と1回のみ肉体関係を持ったことで、慰謝料の請求を受けた30代・独身男性です。不倫相手の女性から離婚相談を受けている間に親密な関係になり、1回のみの不貞行為に及んでしまったとのこと。そして不倫が相手の夫に知られ、慰謝料200万円を請求されました。慰謝料を減額したいと考え、ご相談に至ったという経緯です。

どのように解決したのか

今回の事例は次のように解決しました。

不貞行為に及んだことを謝罪

1回だけとはいえ不貞行為に及んだことは事実であるため、自分の非を認めて謝罪しました。謝罪は相手の怒りを鎮めるために有効に働いたことから、話し合いを円滑に行うための適切な対処だったと考えられます。

不貞行為は1回だけだったと説明

不貞行為は1回だけであったことを説明し、請求者からの理解を得ました。併せて、不倫関係と呼べるほど親密な関係ではなかったことを丁寧に説明しています。

慰謝料の減額に成功

慰謝料200万円は高額と考えられることから、減額を申し出ました。減額交渉の結果、160万円の減額に成功し、慰謝料40万円の支払いで合意し問題解決に至っています。

1回の不貞行為の慰謝料の相場

不貞行為に及んだ回数が1回の場合における慰謝料の相場について解説します。

不貞行為の慰謝料相場

不貞行為の慰謝料相場は50~300万円です。相場の金額に幅がある理由は、不貞行為発覚後の夫婦関係などさまざまな事情を考慮して決定するため。一般的に、不貞行為発覚後に離婚・別居していない場合は50~100万円、別居した場合は100~200万円、離婚した場合は200~300万円程度が相場といわれていますが、考慮される要件は他にも多々存在しており、個々の状況に応じて請求金額が決定されます。

不貞行為の回数も考慮される

不貞行為に及んだ回数も考慮されます。不貞行為に及んだ回数が少ないと慰謝料の金額は減額される傾向にあることから、不貞行為に及んだ回数が1回だけの場合、慰謝料の金額は高額になりづらいと考えられます。ただし、その他の要件も考慮されるため、高額にならないとはいいきれません。

1回でも不貞行為になる

例え1回だけの肉体関係であっても、不貞行為であると見なされます。行為に及んだ回数により慰謝料の請求金額は変動しますが、1回のみであったことから請求権が生じないということはあり得ず、不倫された人に対して損害賠償責任を負います。

不貞行為で慰謝料を請求された方は法律の専門家へ相談

不貞行為で慰謝料の請求を受けた際には、法律の専門家に相談してください。1回とは言え不貞行為を行えば、慰謝料を請求される可能性があります。ただし、慰謝料の金額は相場より低額となることが多いといえるため、請求金額の妥当性を判断するためには、法律の知識を有する法律の専門家に相談することが欠かせません。現在の状況を鑑み、円滑に問題を収束させるための適切な対処法を提示してくれることでしょう。

その他の 慰謝料請求 に関連する事例
お一人で悩まないで、あなたの身近な法律家へご相談ください
不倫離婚男女問題専門 
行政書事務所の無料相談窓口
  • 全国 24時間 365日 常時相談可能
  • ご相談は何度でも無料
メール相談はこちら
24時間365日相談受付!
無料法務相談
TOP