レスが原因で浮気したときの慰謝料相場は?実際の相談事例から解説 | 慰謝料請求ホットライン

レスが原因で浮気したときの慰謝料相場は?実際の事例から解説

セックスレスが原因で浮気をした女性からご相談を受け、減額交渉を行った事例をご紹介します。
セックスレス状態にある夫婦で不倫があった場合、一般的な不倫の慰謝料よりも少額の請求となる可能性があります。
夫婦間の性生活以外の点も考慮し、支払義務の有無や請求金額の妥当性を図っていく必要があります。

ご相談の経緯

依頼人である既婚女性からのご相談の経緯は次のとおりです。

依頼人の女性は結婚して8年目でしたが、2年以上に渡り配偶者からセックスを拒否され、夫婦関係が悪化している状況でした。
依頼人女性は子供を希望していたものの、子供もいません。
そして、夫婦間でのセックスレスの問題を友人の男性に相談していたところ、徐々に男性と親密になって不倫へと発展。
その後、友人男性との不倫関係は配偶者に知られることとなり、離婚と慰謝料300万円を要求されたとのことです。
以上の経緯から、慰謝料の減額・離婚協議におけるサポートをご依頼くださいました。

どのように解決したのか

依頼人女性はセックスレスが原因で浮気をしたこと、もともと夫婦関係が悪化していたことから慰謝料を100万円まで減額してもらい解決に至りました。
不倫の慰謝料請求金額を決定する要件として、不倫交際開始時の夫婦関係が円満であったか否かというポイントは欠かせません。
今回のご依頼では、セックスレスによりもともと夫婦関係が悪化していたことから、不貞行為による配偶者への精神的負担は少ないと考えられます。
また、セックスレスが原因で浮気に至ったことから、依頼人女性だけではなく、配偶者である男性にも非があると判断できるでしょう。
上記2つの点から、減額交渉の際に「300万円は高額すぎる」と主張。
減額交渉の末、夫婦関係が悪化していたこと、セックスレスが原因で浮気に至ったことから、請求金額を100万円まで減額することに成功しました。

セックスレスが原因で不倫した場合の慰謝料相場

セックスレスに関する慰謝料の相場を解説します。

セックスレスが原因で浮気したときの慰謝料相場

セックスレスが原因で浮気をした場合の慰謝料相場は100~200万円です。
夫婦間の性交渉が正常な状態で不倫をした場合の慰謝料相場が200~300万円であることを考えると、セックスレスが原因で浮気をした場合は大幅に減額されることがわかります。
今回の事例では、セックスレスが原因で浮気をしたことに加え、元の夫婦関係が悪化していたことから、100万円という少額の請求になったのでしょう。
セックスレスの状態で不倫をしたら、100~200万円が妥当な請求金額だと言えます。

セックスレスが原因の離婚では慰謝料を請求される

セックスレスが原因で離婚に至った場合は、セックスを拒んだ側が慰謝料を請求されます。
セックスレスによる離婚の慰謝料相場は100万円が平均です。
今回の事例に当てはめると、セックスレスにより浮気をせず、離婚を求めていたとすれば、依頼人女性のほうが請求できたということになります。
セックスレスは不倫だけでなく、離婚の事由にもなり得ることであるため、セックスレスが原因で離婚に至った場合は、拒んだ側が100万円程度の請求を受ける可能性もあるでしょう。

セックスレスは慰謝料の減額事由になる

セックスレスが原因で浮気をした場合、一般的な不倫慰謝料の相場より少額の請求となる可能性があります。
もちろん不倫の慰謝料は、セックスレス以外の夫婦間の関係性や不倫関係の詳細も含めて考え、総合的に判断されるものです。
そのため、支払い義務があるのか、請求金額が妥当であるかは個々の状況により判断しなければなりません。
まずは状況を法律の専門家に相談し、適切な判断により解決方法を検討していきましょう。

その他の 慰謝料請求 に関連する事例
お一人で悩まないで、あなたの身近な法律家へご相談ください
不倫離婚男女問題専門 
行政書事務所の無料相談窓口
  • 全国 24時間 365日 常時相談可能
  • ご相談は何度でも無料
メール相談はこちら
24時間365日相談受付!
無料法務相談
TOP