慰謝料を支払う金額はどのように決めるのでしょうか? | 慰謝料請求ホットライン

慰謝料を支払う金額はどのように決めるのでしょうか?

慰謝料の金額は 当事者間の話し合い(示談交渉)、または裁判によって決められることになります。話し合いで決める場合には、裁判相場(裁判で認められる慰謝料の相場)を参考にして決めるのが一般的です。

裁判で認められる慰謝料の金額を左右する事情

裁判で慰謝料の金額が決められる場合、不倫関係の状況・悪質性の度合い、被害者の受けた損害の大きさが影響します。具体的には、不倫関係の期間、不貞行為の回数、不倫相手との間に子がいるか、不倫が生じる前の夫婦関係の状況、婚姻期間、夫婦間に子供がいるか、不倫と夫婦関係破綻の因果関係などです。

裁判で認められる慰謝料の相場

裁判で認められる慰謝料の相場は50万円から300万円程度です。例えば、不倫関係はあったものの短期間で夫婦関係も継続する場合には慰謝料は50万円から100万円程度といわれています。反対に、不倫関係が長期間に及び、かつ不倫の発覚が原因で離婚に至っているような場合には慰謝料額は100万円から300万円となる傾向にあります。不倫相手との間に子供を授かった場合や不倫相手と同棲していたような事案は特に悪質性が高いと認められる傾向にあり、慰謝料500万円の判決を受けた判例もあります。

慰謝料の相場を知りたい場合には相談を

慰謝料相場に数百万円の開きがあることからわかるように、不倫を原因とした慰謝料の相応な金額は個別の事情によって変わります。具体的な金額を調べるには類似する判例を参考にするのが一般的ですが、専門的知識やソースがなければ自分で調べることは容易ではありません。慰謝料の相応な金額を知りたい場合や話し合いについてお悩みの方は法律の専門家の無料相談窓口に相談してください。

その他の ご相談事例 に関連する事例
お一人で悩まないで、あなたの身近な法律家へご相談ください
不倫離婚男女問題専門 
行政書事務所の無料相談窓口
  • 全国 24時間 365日 常時相談可能
  • ご相談は何度でも無料
メール相談はこちら
24時間365日相談受付!
無料法務相談
TOP