証拠がないのに慰謝料請求された。支払いを拒否しても大丈夫? | 慰謝料請求ホットライン

証拠がないのに慰謝料請求された。支払いを拒否しても大丈夫?

不倫が原因で慰謝料を請求された時、相手が本当に証拠を持っていないのかを確認すること、これまでに自分が不倫の事実を証明するような行為をしていないかを確認するべきです。

不倫の証拠となるもの

不倫の証拠となるものにはホテルの出入りを抑えた写真や動画、不倫相手との会話の録音、メッセージのやりとりなどが典型的なものではありますが、不倫が発覚してから被害者との会話の中で事実を認める発言、謝罪をするといった行為をしていた場合、その行為を被害者が何らかの方法で記録している可能性もあり、それ自体が不倫の事実を証明する証拠となりえます。

拒否することも一つの選択肢

上記のような不倫の事実を証明する証拠を被害者が一切持っていない場合、事実を否定して支払いを拒否することで、慰謝料の請求を逃れることはできるでしょう。
しかし、相手が裁判での解決を見据えている場合には、証拠を本当は持っているのにあえて隠してこちらの出方をうかがっていることもあります。

事実を否定して、嘘だと判明すると慰謝料の増額要因になりえる

不倫の事実を否定することは虚偽の説明をしたことになります。裁判で争われた時、相手が本当は持っていた証拠を持ち出し、加害者が虚偽の説明をして不誠実な対応をしたことを主張される可能性もあります。不誠実な対応は裁判官の心象を悪くし、慰謝料が増額される要因になる傾向にあります。

不倫による慰謝料請求をされた場合は相談を

不倫が事実である場合、相手が証拠を持っていないと安易に予想して嘘をつくことは大きなリスクがあります。対応に悩まれる場合には、法律の専門家の無料相談窓口に相談してください。

その他の ご相談事例 に関連する事例
お一人で悩まないで、あなたの身近な法律家へご相談ください
不倫離婚男女問題専門 
行政書事務所の無料相談窓口
  • 全国 24時間 365日 常時相談可能
  • ご相談は何度でも無料
メール相談はこちら
24時間365日相談受付!
無料法務相談
TOP