口約束で慰謝料を支払う約束をしてしまった場合、その約束は有効なのでしょうか?約束を撤回したい場合の対処法はありますか? | 慰謝料請求ホットライン

口約束で慰謝料を支払う約束をしてしまった場合、その約束は有効なのでしょうか?約束を撤回したい場合の対処法はありますか?

口約束であっても、その約束(契約)は有効となるため慰謝料の支払い義務は生じます。ただ、口約束は状況によっては確定的な意思表示と言い難いことに加え、書面のような客観的な証拠もないため、改めて交渉することにより撤回できることがあります。

口約束による慰謝料の支払い合意

慰謝料の支払いについては相手と合意すれば、その内容に従い支払う必要があります。なぜなら、法律上、慰謝料の支払い約束については契約書を作成するなどの方式が要件とはされていないためです。

口約束による慰謝料支払いを撤回する方法

口約束で慰謝料の支払いを約束してしまったが、冷静に考えると不倫というべき事実がなかったり、相場より高額であった場合には撤回を考えます。口約束の場合には、書面のような客観的証拠がないため録音等でもされていない限り、相手はその約束が成立した事実を証明することができません。この点を踏まえつつ、相手に再度の交渉を持ち掛けることになりますが、口約束をした事実を自分から発言しないことに注意してください。

口約束で不当な慰謝料に応じてしまったら相談を

口約束により慰謝料の支払いに合意してしまった場合、何もせずにいれば、相手から約束を果たすよう請求されることになります。相手に対し再度交渉を求めることに不安がある方は法律の専門家の無料相談窓口に相談してください。

その他の ご相談事例 に関連する事例
お一人で悩まないで、あなたの身近な法律家へご相談ください
不倫離婚男女問題専門 
行政書事務所の無料相談窓口
  • 全国 24時間 365日 常時相談可能
  • ご相談は何度でも無料
メール相談はこちら
24時間365日相談受付!
無料法務相談
TOP