シングルマザーで慰謝料を払えません。どうすればいいでしょうか? | 慰謝料請求ホットライン

シングルマザーで慰謝料を払えません。どうすればいいでしょうか?

不倫が事実であり、慰謝料の支払い義務があると考えられる時、選択肢は「⑴請求を無視して、支払いを拒否する」「⑵慰謝料の減額を交渉する」の2つの対応が考えられます。

請求を無視し、支払いを拒否したらどうなる?

請求を無視した場合、相手は最終的手段として裁判を申し立て、請求を行う可能性があります。裁判を起こされた場合、裁判所の求めを無視して出廷しなければ、相手の主張が通り、判決が下されてしまい、慰謝料の支払いが命じられる可能性があります。そのため、請求を無視することは、対応を先延ばしにしただけでかえって負担を大きくしてしまうことになりかねません。裁判の判決には、シングルマザーであることや経済的に乏しいという事情は大きく影響しません。

減額交渉の進め方

減額交渉とは、慰謝料の金額を減額してもらえるよう相手と話し合うことです。一般的に慰謝料の金額は裁判相場を参考に交渉を行いますので、まずは法律の専門家に相談するなどして、相場となる慰謝料の金額がいくらかを調べましょう。
相手から請求された金額が相場よりも高額である場合には、相手に対してそのことを説明し、「●●万円であれば支払える」と希望金額を提案します。この時、慰謝料の金額について話す前に、必ず誠心誠意謝罪することを忘れないように注意してください。
もし、相手がその金額に納得しない場合には、慰謝料の減額事由を説明しましょう。例えば、不倫期間が短いことや不倫発覚後すぐに別れていること、また既婚者側が積極的にシングルマザーにアプローチしたことなどです。正直にシングルマザーであり、支払える余裕がないことを伝えるのも一つの方法です。話し合いによって慰謝料の減額が叶った場合には、必ず示談書を作成し、問題が解決した証を残しましょう。

自己破産も選択肢の一つ

もし、相手が減額交渉に一切応じてもらえない場合や、慰謝料以外にもその他の借金があるなどして現実的に支払うことができない場合には、裁判も見越した上で、自己破産を検討することも一つの方法です。不倫を原因とした慰謝料は原則的に自己破産により免責されます。ただし、自己破産をすることでのデメリットもありますので、慎重に検討されてください。

慰謝料が支払えない場合にはご相談を

慰謝料の減額を交渉してみたけれどうまくいかない場合や、そもそも慰謝料の支払い義務があるのか、慰謝料の相場がわからないなどお困りの方は、法律の専門家の無料相談窓口に相談してください。

その他の ご相談事例 に関連する事例
お一人で悩まないで、あなたの身近な法律家へご相談ください
不倫離婚男女問題専門 
行政書事務所の無料相談窓口
  • 全国 24時間 365日 常時相談可能
  • ご相談は何度でも無料
メール相談はこちら
24時間365日相談受付!
無料法務相談
TOP