自分の浮気が原因で、離婚を慰謝料請求を要求されるも回避した事例 | 慰謝料請求ホットライン

自分の浮気が原因で、離婚を慰謝料請求を要求されるも回避した事例

浮気をしてしまった。
しかも妻にバレて、慰謝料を請求されてしまった……。
よくあるケースですね。
確かに相手がいるのに浮気をするのは、最低な行為ではありますが、相手が知ってしまった以上、真摯に対応せねばなりません。
ここでは、浮気が原因で離婚と慰謝料請求をされた中でも、見事に回避した事例を紹介します。
今、相手側から浮気の件を問い詰められていて困っている……という人は必見です。
是非、参考にしてください。

自分の浮気が原因で離婚と慰謝料を請求されるも回避した事例

ケース①……別居をした後に……

相談者:40代男性
配偶者:妻、子供2人

相談内容

相談者は会社員のAさん。
会社の同僚との浮気を妻側にバレてしまい、慰謝料の請求と離婚を切り出されてしまいました。
まずは冷却期間として別居をすることに。
何度か離婚の話し合いが行われましたが、結局合意に至ることはありませんでした。
とうとう妻側から慰謝料を請求されたAさん。
支払えるわけもなく弁護士にどうすれば良いのか相談しました。

解決方法

双方の意見は離婚と一致しているものの、慰謝料がネックになっていました。
何度か代理人通しで話し合いをしたところ、まだ子どもが未成年なこともあり、夫婦関係の修復を目指すことになりました。
離婚もなく、もちろん慰謝料も回避することができました。
弁護士が、粘り強く交渉した結果が身を結んだ瞬間でした。

ケース②……子どもの進言

相談者:30代男性
配偶者:妻、子供1人

相談内容

相談者は会社員のBさん。
妻に浮気がバレてからというものの夫婦関係は最悪に……。
離婚をすることで話し合いが進められることになりました。
さらに、離婚理由はBさんの浮気であると主張され、慰謝料を請求されてしまいました。

解決方法

慰謝料を請求されたBさんはギリギリまで支払う気でいました。
しかし、支払い期限前日に離婚はしないと相手から通知が来ました。
さらに、再び一緒に暮らしたいという旨の連絡が来たのです。
じつは、1人息子が母親側に「離婚しないでほしい」と泣いて止めたそうです。
息子に助けられたBさんは、心を入れ替え家族を支えるために頑張って働く決意をしていました。

慰謝料を減額してもらう場合も

慰謝料を請求されたからといって、全額を支払う必要はありません。
減額交渉をする手もあります。
もちろん、自らの手で減額交渉をするのは可能なのですが、たいがいの場合は難しいでしょう。
弁護士や行政書士などのプロの手を借りて、減額交渉をするしかありません。
自分がしてしまった行為を真摯に受け止め、迅速に対応しましょう。
減額交渉には様々な方法があります。
知識もない状態で戦場に行くのであれば、歴戦の戦いをくぐり抜けたプロに任せるのが一番なのです。

浮気をしても慰謝料が回避できる理由

浮気をして相手にバレてしまった場合……慰謝料請求をされても回避できる場合があります。
それは、夫婦関係がすでに破綻していたと認定された場合です。
婚姻関係が続いてはいるものの、10年別居をしている夫婦は、誰の目から見ても関係が破綻していると捉えられるでしょう。
基本的に慰謝料の概念は、心に受けた傷に対しての対価です。
相手側が、夫婦関係が侵害された……と主張したとしても、すでに関係が破綻しているのだから心の傷はないと判断されるのです。
しかし、たとえ別居をしていても、定期的に会っているとか、連絡を取り合っているという場合は、破綻しているのではなく、冷却期間を置いているだけと判断されるので、慰謝料を支払わなくてはならないこともあります。
もちろん、単身赴任という形で別居をしている場合は浮気と認定されます。
また、肉体関係の事実はなく、デートを重ねていただけだった場合や、確固たる証拠がない場合は回避できる可能性があります。
もちろん、お互い年齢が年齢なので、肉体関係のない交際はありえないでしょうが、そうした証拠がないと慰謝料を請求しても無効になることを覚えておきましょう。

離婚と慰謝料を請求されても……

たとえ、あなたが浮気をして絶対的な不利な状況であっても、離婚や慰謝料請求を回避できる場合があります。
それは状況によって変わりますので、是非行政書士や弁護士に相談してみてください。
きっと良いアドバイスをくれると思いますよ!
[浮気によって慰謝料を請求された場合]

その他の 慰謝料請求 に関連する事例
お一人で悩まないで、あなたの身近な法律家へご相談ください
不倫離婚男女問題専門 
行政書事務所の無料相談窓口
  • 全国 24時間 365日 常時相談可能
  • ご相談は何度でも無料
メール相談はこちら
24時間365日相談受付!
無料法務相談
TOP