不倫で高額な慰謝料を請求されたときの対処法を解説 | 慰謝料請求ホットライン

不倫で高額な慰謝料を請求されたときの対処法を解説

不倫で高額な慰謝料を請求された事例を元に、対処法について解説します。慰謝料には相場があるものの、実際の請求金額は個別の事由により異なるものです。しかし、高額すぎると感じられる場合は、適切な対処により減額を求めることも可能。実際の事例から、どのように対処するべきか解説していきます。

ご相談の経緯

ご相談の経緯は次のとおりです。

ご相談者様は、会社の同僚と、約3年間にわたる不倫関係をつづけたところ、その妻に関係が知られてしまった30代・独身女性です。知られてしまった後日、慰謝料1,000万円を請求する内容証明郵便が自宅へ届いたとのこと。慰謝料を請求されるかもしれないとは思っていたものの、予想していたよりはるかに高額だったので戸惑って相談に訪れました。ご相談者様は、不倫をしたことは事実ですので慰謝料を支払うお気持ちはありますが、請求されている金額が高額すぎると考えています。

どのように解決したのか

今回の事例の解決法について解説します。

不倫していたことを認めて謝罪

ご相談者様は、不倫相手の妻に対し不倫していたことを認め心から謝罪しています。自分の非を認めることで、相手の怒りを鎮めました。

慰謝料の金額が高すぎると主張

次に、慰謝料1,000万円は、相場に対して高すぎると主張しています。今回のケースでは、不倫を原因として別居や離婚をしていません。1,000万円もの慰謝料を請求する根拠に乏しいと考えたのです。

話し合いを続けて示談成立

不倫による慰謝料の相場をもとに、減額交渉を行いました。最終的に、慰謝料70万円の支払いで合意。70万円を支払い示談成立となりました。Aさんは、930万円の減額に成功しています。

慰謝料の金額はどのように決まるのか

不倫の慰謝料の決まり方について知っておきましょう。

個別の事情を考慮して決まる

不倫の慰謝料は個別の事情を考慮して決定されるものです。金額を求める計算式はなく、法律で一律に決められているものでもありません。不倫の慰謝料は、以下の要素など個別の事情を考慮して決定されます。

・離婚・別居の有無

・不倫発覚前の夫婦関係

・不倫期間

・不倫の主導者

・婚姻期間

・子どもの有無

・反省・謝罪しているかどうか

不倫が原因で良好だった夫婦関係が破綻し離婚した場合は、慰謝料が高額になる傾向にあります。また、不倫期間・婚姻期間ともに長いほど被害者の精神的苦痛が大きいと判断され、慰謝料は高額になる傾向があります。

慰謝料の相場は?

不倫の一般的な慰謝料相場は次のとおりです。請求額は個別の事情を考慮し決定されますが、おおよその目安とされる金額は存在しています。

不倫の慰謝料は50~300万円が相場

不倫の慰謝料相場は50~300万円程度と考えられています。不倫で離婚・別居する場合は100~300万円程度、夫婦の関係性がそのまま継続される場合は50~100万円程度におさまることが多いようです。

裁判外は合意した金額になる

交渉では双方で合意した金額が慰謝料の金額となります。解説してきた内容は、裁判になった場合の慰謝料の相場であり、交渉では双方が1,000万円で合意すれば、1,000万円が慰謝料の金額とされます。交渉では安易に合意しないことが重要といえるでしょう。

高額な慰謝料を請求されたときは法律の専門家へ相談を

高額な慰謝料を請求された際には、法律の専門家に相談してください。請求を受けたとしても、請求に応じてそのまま支払う必要はありません。まずは、慰謝料支払い義務の有無や請求金額の妥当性を確認しましょう。判断には法律の知識がないと行えないため、高額な慰謝料を請求された方は、法律の専門家に相談しましょう。最適な解決法を検討してくれるはずです。

その他の 慰謝料請求 に関連する事例
お一人で悩まないで、あなたの身近な法律家へご相談ください
不倫離婚男女問題専門 
行政書事務所の無料相談窓口
  • 全国 24時間 365日 常時相談可能
  • ご相談は何度でも無料
メール相談はこちら
24時間365日相談受付!
無料法務相談
TOP